Gimbleトラベラー【読書アイテムレビュー】

Gimbleトラベラーいつも本を頂いているレビュープラスさんから、今回は初めて本以外のものを送って頂きました。折りたたみ式ブックホルダーのGimble Traveler (ジンブルトラベラー)です。本を立てかけるブックスタンドは持っていますが、ブックホルダーというものを今まで使ったことはなくて、もちろん触るのも初めてでした。

Gimbleトラベラー

写真を見るとなんとなく分かるかもしれませんが、折りたたんで小さくしておくことができますし、長さも左右調整可能です。文庫から多少大きな本まで対応しそうです。Gimbleトラベラーと「アルジャーノンに花束を」一番大きくした状態で、文庫本の「アルジャーノンに花束を」と並べてみました。文庫本の縦幅より1.5~2倍くらいの幅がありそうです。

「アルジャーノンに花束を」にGimbleトラベラーを装着

「アルジャーノンに花束を」にGimbleトラベラーを装着してみたところです。幅には余裕があります。Gimbleトラベラーは柔軟性があるので、左右の引っ掛ける部分を少し外側に広げて、その隙間に本のページを挟むようにして装着できます。

クーリエ・ジャポンにGimbleトラベラーを装着

文庫や一般的なビジネス書程度の大きさなら問題なかったですが(最近のビジネス書に増えてきた、横幅の異常に大きなタイプは別として)、クーリエ・ジャポンなどのような大きめの雑誌では厳しかったです。上の写真のように装着してみましたが、横幅が足りず、右ページが大きく曲がった状態になりました。

幅が大きい書籍もそうですが、多少幅がありつつ、厚みのある本の場合も、届きにくいケースがありました。

読書に使えるかどうかと言われれば

このGimbleトラベラー、読書のお供に使えるかどうかと言われた場合、私個人の印象としては「出番はないかも」というのが正直なところです。

上の写真でもわかると思いますが、引っ掛ける部分がページの内側にかかるのでページが見づらくなります。これは引っ掛ける部分を透明にしたとしても同じだと思います。

また、読書の時は基本的に手に持ってパラパラめくりながら読むので、固定するというケースがあまりないこともあります。もっと言ってしまうと、本に装着する時も簡単そうに見えて案外とひと手間かかるように感じるというか、うっかり誤ってページにシワを寄せてしまうような気がしたりするというか。片方のページにフックを引っ掛けておいてもう片方のページにフックを…というアクションが、意外に気を使うというか、気軽にやろうとはあまり思えない感じがしてしまいます。そう感じてしまうと、やはりページをパラパラめくって読む普通の読書の時に使おうとはなかなか思えないかもしれません。

逆にGimbleトラベラーが活躍する場合というのは、「固定してしばらくそのままにしておく必要性がある時」に限られるのかなと。例えばレシピ本を開いたままにして料理をする時に使うとか、書籍のページを開いたまま展示しておきたいとか。

私個人の読書タイムにはなかなか活用する例を見いだせなかったのですが、軽量で柔らかい材質なので、状況や人によってはこの「固定する」機能が役に立つ場合もあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。