iPadの個別講習 Vol.1

iPadを手に持つ受講生

縁があって今年4月から、iPadの個別講習(プライベートレッスン)をしています。

(ちなみに今回は障害のある方向けではなく、一般のシニアの方を対象にした講習です。もちろんご要望があれば障害のある方向けの講習も可能です)

当時、電話で問い合わせがあり「親(シニアの方)にiPadを買ってあげたんですが、私(依頼主)は遠方に住んでいることもあるし、家族も忙しくて使い方を教えられる時間がないので、個別講習をしてもらえませんか?」と相談をいただきました。

色々お話を伺った結果、受講される親御さんが住む自宅へ訪問して1時間半の個別講習をするということになりました。

親御さんのご自宅は鰺ヶ沢町で、私が住んでいる鶴田町からはおよそ20km。普段から青森市まで車で仕事に行くこともありますし、八戸にも毎週車で講座通いしていたこともあるので大した距離ではないです。

初日は受講される親御さん(以下Yさん)と、その娘さんがサポートとして付いて頂きスタート。

今回のYさんとの個別講習はカリキュラムを自前に決めず、Yさんが知りたい、教えて欲しいことをその場で話してもらい、それに対して私が説明をするというスタイルで行っています。

まずは、以前からYouTubeで好きな歌手の動画を見ていらしたそうだったので、動画の再生と停止方法や、検索画面を表示して任意のキーワードで検索をしたり、再生した動画を画面いっぱいに表示するフルスクリーンなど、動画の検索と視聴に必要最低限のことをご説明しました。

その次はインターネットを閲覧するためのSafari。「お花が好きなので色々なお花を見てみたいんです」というリクエストだったので、花を検索して画像検索でたくさんの画像を表示してみたりしました。ちなみにお花は薔薇と百合でした。

YouTubeとSafariで検索する際には、キーボードでの文字入力と、Siriを使った声での文字入力を試してみました。Siriで入力するのが早くて楽ですが、漢字の変換が任意だったり、言葉をうまく認識してくれない時もあるので、キーボードでの入力方法も覚えておいた方が良いと思いご説明しました。

後半はカメラで写真の撮影と確認方法を試したり、メールの確認と返信方法を簡単にご説明しました。

メールは講習の依頼主である娘さんが、Yさんとやり取りをしたいので使い方を説明しておいて欲しいというご希望があったのでご説明したのですが、メールはこのあとの講習でLINEに置き換わっていきます。

というような感じで個別講習をしていました。iPadの個別講習については西北五の近隣地域から青森市・弘前市くらいまでであれば対応できます。費用は内容や伺う先の距離に応じて異なりますので、下記の連絡先までお気軽にご連絡ください。

電話:090-9742-6430(髙森)
メール:info@hpstyling.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。