Googleドキュメントの音声文字入力は、スマホのそれにはない使い方があって便利

Googleドキュメントで音声文字入力を使って文章を書いた画面

iPhoneなどスマホではキーボード入力のほかに、音声で文字を入力できる機能があり、iPadの講座や講習会などで紹介することがあります。

耳の不自由な方とやり取りをする時に、こちらの話し言葉をリアルタイムでスマホに文章として表示するなどの使い方は、場合によってはとても便利に使うことができます。

この機能に特に不満は持ってなかったんですが、たまたま Google ドキュメントでも同じような音声入力の機能があるという記事を見かけました。

最初は「 iPhoneの文字入力と大して変わりないだろうな」と思っていたんですが、 Googleの音声入力機能を試してみたところ、 iPhone の Siri を使ったそれとは違った良さがあったのでメモがてら書いておきます。

下の引用文章は、 Google ドキュメントの音声文字入力機能で書いた文章です。上の画像はその時のスクリーンショットです。

Google ドキュメントの音声入力で文章を書いています。

言葉で話しながら文章を書けるのでなかなか面白いです。
喋りながら同時にキーボードで句読点の入力や会場ができるので、
iPhone の Siri を使って文字入力をするのとはまた違った便利さがあります。

iPhone の音声入力だと文字の入力や訂正は声のみする必要があるんですが、
それだともし誤字脱字があった場合には、 音声入力を一時止めてからキーボードなどで修正をする必要があります。

一方 Google ドキュメントの音声入力だと、音声入力とキーボード入力を同時に使うことができるので、都度切り替える必要がなくなります。
これは実際に試してみたところとても便利だなと感じました。

音声入力は公共の施設など周りに人がいる環境だと使いにくいという面もありますが、一人で 文章を書く上ではとても便利だと感じました。

一時的に音声入力が止まってしまったりなど若干不便な面もありますが、これは可能性があるなという風に感じました。

上の引用文章だけでなく、このブログの記事はほぼすべて Google ドキュメントの音声文字入力機能を使って書いています。実際に慣れてくるとキーボードで文字を入力するのが早くも少し億劫に感じるようになりました。切り替えが早いというか順応が早いというか優柔不断というか 笑。

実際にしゃべって文字を入力するのと同時にキーボードで文字を入力できる利便性は思っていた以上に便利に感じます。

さっきの引用文にも書いたように、音声入力だけだと入力モードを終了してキーボード入力に切り替えてという作業が発生します。そうなると時間がかかるので、音声入力を維持しつつキーボード入力で修正がかけられるという利便性はとてもすごいと感じます。

この機能、Google ドキュメントのアプリでも同じように音声文字入力とキーボード入力の同時使用はできれば文句なしだなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください