人それぞれの仕事術がある

昨日知り合いの事務所に伺っていろいろお話を伺ってきました。

久しぶりにお会いした知り合いは昔と変わらず明るく元気な様子で、今取り組んでいることなどについてたくさん話してくれました。

話の中で出てきたのがiPad。「ITは全然ダメ。苦手。信用できない」と言いながらもiPadは活用しているそうで、よくよく見せてもらうと色々な工夫が随所に見られました。

メールは仕事用やプライベート用など条件に合わせていくつもフォルダ分けされていたり、写真を撮るのもiPadなどなど。ITが苦手と言いつつそうした工夫をしてシンプルなあり様に繋げている(自分のスタイルに合わせている)のが意外に思われました。

逆に私が普段使っているiPadの使い方(カバー兼キーボードでタイピングしやすくしていたり、ペンシルを使って紙のノートの代わりに使うことがあるなど)を紹介すると、同じ機種のiPadでも使い方が全然違うことに驚かれていました。

使い方の幅としては私の方が広いかもしれませんが、私から見て知り合いのiPadの使い方は意外なところも多く、新鮮に映りました。

こういうことって意外にたくさんあるんじゃないかなと思ったりしています。

人それぞれにうまく仕事ができるように工夫したり、快適に生活できるような工夫をしていると思います。そういうのを集めたり、整理して他の人に教えられるようなこともしてみたいと思ってます。不定期で持ち寄り読書会をやっていますが「持ち寄り文具の会」をやったこともありますし、ゆくゆくは「持ち寄りアプリの会」や「持ち寄り仕事術の会」とかもやりたいなーと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください