プチ東京滞在の感想

東京駅正面

先日東京に行ってきたことをブログで書きましたが、せっかくなので他に感じたことをざっくばらんに書き散らそうと思いました。

最初は飛行機で行く予定だったのですが、嵐で飛行機が飛ばなくなったら一大事ということで、新幹線に切り替えて行きました。

新幹線の旅は実家への帰省を繰り返すおかげでだいぶ慣れました。新幹線の中での過ごし方は音楽を聞いたり読書(荷物を節約する上で電子書籍端末を使うことが多いです)したり、事前にiPadに映画を入れておいて見たりすることもあります。

今回は新しくオーディオブックを聞いて過ごす時間が多かったです。オーディオブックとは本の音声版サービスで、AmazonのAudible(オーディブル)を使っています。オーディオブックはここ最近自分の中で高評価なものの一つなので、そのうちブログでも書きたいと思っています。

イベントの会場は有楽町だったこともあり、銀座のホテルを探して宿泊しました。今から考えると銀座のホテルっていつも利用するビジネスホテルよりもいいお値段の所が多く、プライベートで行くなら選ぶことのないエリアなんですが、今回はお仕事ということで銀座にあるホテルに宿泊してみました。

内装がとても可愛らしく、自分には不釣り合いだったものの居心地よく練られましたし、朝食もお洒落なお料理でいつもなら食べられないようなコースを体験でき、珍しく贅沢な気分になりました。

出張で東京に来てもほとんど見て回ることのない自分ですが、唯一いつも訪れるのが東京駅近くにある書店「丸善 丸の内本店」です。到着してすぐに少しだけ立ち寄ることができました。

今回は仕事が控えていたので本はほとんど見ずに、万年筆のコーナーをじっくり見て回りました。青森では万年筆をたくさん置いているお店が少ないこともありますが、点数の多さに驚きながら高級万年筆を見て堪能しました(見るだけで買いはしませんでしたけど)。

お昼前の新幹線で帰るスケジュールにしていたため、帰りの時は立ち寄ることができず、このことだけが今回心残りでした。もう少しゆっくり見て回る時間をとってもよかったな〜…。

とはいえ久しぶりの東京を少しでも楽しめて満足でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。