積ん読は自分にとってたまらない自分本屋

積み重ねた積ん読本

本好き、読書好きにとっての悩みはいろいろあると思いますが、積ん読が悩みと言う人も多いと思います。

かく言う自分も積ん読には長年悩まされてきました。といってもその悩みの原因は自分にあるわけで、読みたいと思った本を速攻で購入するものの、次から次に読みたい本が重なり、気づけば前に買った本を読み終わらないうちに新しい本が以前買った本の上に積み重ねる…を繰り返す。そしてまたその一連のパターンを繰り返す…その無限ループの末に積読本は自分の周りを埋め尽くしていくわけです。

家族からも「いい加減その辺の本を整理したら?」と冷ややかな声で指摘されるのが常ですが、これがなかなか片付けられないもので厄介です。

そもそも全く興味がなくて本を買うと言う事はなく、自分の中で「これ読みたい!」と高まった熱量を伴って購入した本ばかりだからこそ、そばに置いておきたいと思うわけで。そうなると片付けなければいけないと思う一方で、いややっぱりそばに置いておきたくもあると言うジレンマが自分を悩ませ続けます。

写真のような積ん読タワーが自分の机周りにはいくつかできています。読み終わった本もあるのでその辺も片付ければ良いのですが、読まないまま積んでいる本の数が多すぎて、なかなか整理に及ばないのがだめなところです。

とは言えたまに落ち着いためでこの積ん読タワーの数々を眺めると、自分の関心がある本の数々、かつまだ読んだことのない本がたくさん積み重なっていると言う様は、実はちょっとした本屋さんみたいな感じがしたりもします。

本屋に行けば自分が読んだことのない本が大半なわけで、そんな本がたくさん並んでいる本屋の店を眺める事は自分にとって癒しの一つだったりします。奇しくも積ん読はそんな本屋さんの本棚に近いような見た目の状態であり、かつ自分が読みたいと思って揃えた本ばかり。

自分の身近にこんな素敵な棚ができているなんて!と思うと、この積ん読タワーもいとおしく思えてくるような気がしますし、積ん読に重なっている本のどれかを早く読みたいとも思ったりするようになります。

なんやかんや理由をつけたりもしましたが、早いところ積読本をちゃんと読んで片付けていくのがなんだかんだで一番いいなと思ってはいます。ちゃんと読んでいきます。はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。