大きなサイズのファイルを、転送サービスを使って相手に送る方法の例

仕事の関係でクライアントさんから資料を送っていただくことがあるのですが、最近はもっぱらインターネット経由でデータとしていただくことが多くなりました。

その際、大きな写真のファイルをメールに添付するのが難しい場合などには、ファイル転送サービスを使っていただくことがあります。

私が主に使っているメールサービスのGmailでは、多少大きなサイズのファイルも添付して送ってもらえるのですが、クライアントさん側のインターネット設定によっては、メールに添付して送信すること自体が難しい場合があります。

そうした場合などの代替策としてこうしたサービスを案内することがあります。

今日もそのような相談があったので、説明を兼ねてファイル転送サービスの利用例を動画として簡単に作り、手順の箇条書きと合わせてクライアントさんに見てもらうようにしました。

ついでと言うことでブログにもアップしておきます。細かい字が多いのでフルスクリーンでご覧いただくのがお薦めです。以下は手順の例です。

  1. ファイル転送サービスにアクセスする。
    今回はファイヤストレージというサービスを使用しますので、http://firestorage.jp/ にアクセスしてページを開いてください。
  2. ページ中央辺りにある「ファイルをアップロード」という項目にチェックを入れると中央右側に「ここにファイルをドラッグしてアップロード」というスペースが表示されるので、ここに送りたいファイルをドラッグします。すると転送サービスにファイルのアップロードが開始されます。
  3. 少し画面を下の方にスクロールすると「firestrageにアップロード中」という表記があり、ファイルのアップロード進行状況が見えます。(軽いサイズのファイルだと一瞬でアップロードされるので見えない場合があります)
  4. アップロードが完了すると、「ダウンロードURLを開く」という項目の下に長いアドレスが表示されるので、このアドレスをコピーします。
  5. コピーしたアドレスを当方へのメールの本文に貼り付けて送っていただければ完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。