アマゾン、自家用車に荷物を配達するサービスを開始(米国)

荷物を荷台から取り出すビジネスマン

アメリカのamazon.comが、停車中の自家用車内に商品を配達するサービスをアメリカで開始すると発表したそうです。

アマゾン、車を「宅配ボックス」に 米で有料会員向け  :日本経済新聞

ちなみにこのサービスは有料のプライム会員が対象で、配達できるのはこのサービスに対応する一部のメーカー車両が条件のようです。

宅配業における荷物の再配達は問題になっており、今回のサービスはこうした再配達のコスト改善や効率化を推し進める可能性があります。

自動車については自動運転技術が注目されていることもあり、将来は従来とは違ったインフラとしての自家用車が登場するかもしれません。

自動運転技術が浸透すれば、文字通り「動く住居」という捉え方もできます。単に移動手段としての自家用車ではなく、ホテルや郵便受けとしての役割も兼ねるようになってくるとしたら、若者の車離れなどの問題も変わってくるどころか、新しい価値を車が持つ可能性を秘めていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください