カテゴリー別アーカイブ: アクセシビリティ

「盲ろう者として生きて」福島智さん講演会

画像:福島智氏Webアクセシビリティについて取り上げる時、当てはまるケースが多いのは視覚障碍者さんだと個人的に思っているのですが、障害は視覚だけではなく、四肢の障害や聴覚の障害など多種多様です。

その中で、盲ろう者とは視覚と聴覚の重複障害者のことを指します(wikipedia「盲ろう者」より)。その盲ろう者として世界で初めて常勤の大学教員となった、東京大学先端科学技術研究センター教授の福島智(ふくしま さとし)さんの講演会が青森で開催されます。以下チラシからの引用です。 続きを読む 「盲ろう者として生きて」福島智さん講演会

第50回福祉情報工学研究会のお知らせ

開催まであと数日ということで急なお知らせになってしまったのですが、第50回(平成21年度第3回)福祉情報工学研究会が青森市で開催されるとのことでこちらでもお知らせいたします。以下、福祉情報工学研究会(WIT)サイトより転載します。 続きを読む 第50回福祉情報工学研究会のお知らせ

自治体広報担当者の方々に、Webアクセシビリティについて講演させていただきました

平成21年度青森県市町村広報広聴担当者研修会

7月31日、青森県町村会様が主催する青森県内の市町村広報公聴担当者様向けの研修会で、全盲のシンガーソングライター板橋かずゆきさんと一緒に、Webアクセシビリティについて講演させていただきました。 続きを読む 自治体広報担当者の方々に、Webアクセシビリティについて講演させていただきました

W3Aに「画像認証システムって障害者に結構厳しい」について投稿しました

先日お知らせした、青森で障害とWebアクセシビリティについて考えるサイト「W3A」に、「画像認証システムって障害者に結構厳しい 」という内容の投稿をしました。

画像認証システムって障害者に結構厳しい

Webアクセシビリティに関するエントリーはW3Aをメインに投稿していこうと思っていますが、こちらでも一応お知らせしていく予定です。

青森で障害とWebアクセシビリティについて考えるプロジェクト「W3A」のサイトをオープンしました

W3A:青森で障害とWebアクセシビリティについて考えるプロジェクト

以前から温めつつこのブログでも少しずつ触れていた、青森で障害とWebアクセシビリティについて考えるプロジェクト「W3A(ダブリュスリーエー)」のサイトをオープンしました。

仕事と並行して進めてきたこちらのサイトの準備なんですが、正直なところ見切り発車の部分もあります。もう少し詰めてから公開したかったんですが、CSS Nite in AOMORI2009のサイトに掲載された自分のプロフィール内でW3Aについて触れていたので、慌てて公開したという次第です。

上でも述べたように、障害とWebアクセシビリティについて、障害者とWeb制作者だけでなく、健常者の方も集って情報やナレッジ(知識や理解、認識など)を共有するような活動にしていきたいと思っています。

今のところはサイトで情報を発信していくのがメインですが、表題についての情報を多方面から戴きそれをサイトで紹介していきたいと思っています。今のところ考えている目標としては、障害者・Web制作者・健常者の3者が一堂に会して、サイトやインターネットのサービスについてのレビューや実演などの情報交換をやれればと思っています。

サイトには各所にコメント欄がありますので、お気軽にご意見や情報を投稿していただきたいと思っています。