カテゴリー別アーカイブ: アクセシビリティ

WCAG2.0が勧告されました

ウェブコンテンツ制作における、高齢者・障害者への配慮(アクセシビリティ)を規格化したWeb Content Accessibility Guidelines(WCAG)の2.0がついに勧告されたそうです。

このブログでもちょこちょこ触れてきたアクセシビリティ ですが、Web技術の標準化団体であるW3Cが、アクセシビリティについてまとめたWCAGのバージョンを久方ぶりに更新したということで話題になりそうです。ちなみにWCAGの1.0が勧告されたのが1999年なので、本当にやっとという感じなのでしょうね。

これに合わせる形で日本でも2009年はアクセシビリティ関連の動きが起こってきそうです。 さしあたって注目はJIS-X8341-3(高齢者・障害者等配慮設計指針-情報機器における機器,ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ)が2009年に改定される予定です。これはWCAG2.0が勧告されるということと合わせている部分もあるそうですが、同時にJISの改定時期である5年周期と合っているということもあるそうです。

さらにこれに合わせる形で(というとアレですが)私自身も今年の暮れ、そして来年とアクセシビリティについて色々と活動していく予定です。 最近は青森在住で実際に障害者用のソフトやツールを日常で使用されている方と連絡を取ったりして生の情報を聞かせていただいたり、青森県内で障害者用のツールを置いている施設の情報などを集めているところです。

話は変わりますが、明日はもうWebA-Beginnersですね。 楽しみにしてます!

IBMがwebアクセシビリティに新しい取り組み

個人的に今年興味を持っているウェブ業界の話題はアクセシビリティ(アクセスのしやすさ、障がい者向け施策)です。色々と情報ソースをチェックしているのですけど、先日IBMがアクセシビリティについて今までにないような試みを開始したようです。

 米IBMは米国時間2008年7月8日,インターネット・ユーザーが協調してWebページのアクセシビリティを向上させるコラボレーション・ソフトウエ ア「Social Accessibility collaboration software」を公開した。このソフトウエアにより,協調的な方法で視覚に障害を持つユーザーのWebアクセシビリティをサポートできるようになる。

IBM Researchが開発した新しいコラボレーション・ソフトウエアにより,視覚障害者は特定のWebページにおいて直面したアクセシビリティの問題につい て報告できるようになる。アクセシビリティの向上をサポートしたいと考えるインターネット・ユーザーは,ツールを使ってテキストを追加することで,視覚障 害者から報告された問題の解消をサポートできる。

たとえば,既存のスクリーン読み上げソフトウエアでは,掲載されている写真の内容について情報を提供できない。このような場合,視覚障 害者はコラボレーション・ツールを使って写真の説明を追加するようにリクエストする。リクエストは,Webアクセシビリティの向上をサポートするプロジェ クト「Social Accessibility Project」のWebサイトをホスティングするサーバーに自動的に送信される。

プロジェクトのWebサイト上でこのリクエストを見た登録ユーザーは,コラボレーション・ツールを使って短い説明文を追加できる。追加 されたテキストは,自動的に外部のメタデータとして登録される。次に視覚障害者が同じWebパージにアクセスすると,スクリーン読み上げソフトウエアは追 加された写真の説明を読み上げるようになる。(ITProより)

同じくして日本IBMでも同様のプロジェクトが発表されました。

日本IBMは8日、視覚障碍者のWebアクセシビリティを促進する試み「ソーシャルアクセシビリティプロジェクト」を開始した。同プロジェクトには無料で誰でも登録でき、専用のツールをダウンロードして参加する。

「ソーシャルアクセシビリティプロジェクト」では、インターネット上で一般のユーザーと視覚障碍を持ったユーザーが協力してWebサイトのアクセシビリティ向上を目指す。参加者は専用のツール「ソーシャルアクセシビリティコラボレーションソフトウェア」を使用する。

「ソーシャルアクセシビリティコラボレーションソフトウェア」では、視覚障碍が不便に感じたWebサイトの報告と、一般ユーザーが報告のあったサイトを改善するためのサポートが行える。報告のあったサイトは、「ソーシャルアクセシビリティプロジェクト」のサイトで確認できる。

具体的には、視覚障碍者が、読み上げ機能付きのブラウザを使っていて「写真が掲載されているようだが、どんな写真かわからない」「目的のページにたどり着けない」など、アクセスしたWebページで理解できない個所があった際、専用ツールで「ソーシャルアクセシビリティプロジェクト」にメッセージを送信する。

送信されたメッセージは、プロジェクトサイトに表示される。表示を見た一般ユーザーは、報告された問題に対して、「写真注釈:夕日に映える富士山」などの適切な情報を専用ツールで付加し、「ソーシャルアクセシビリティプロジェクト」のサーバーに登録する。

その後、視覚障碍者が当該ページにアクセスすると、プロジェクトのサーバーに登録された付加情報が自動的に読み込まれ、掲載された写真を理解できるようになるという。実際のWebページのコンテンツに変更を加えることなく、短時間で問題を共有・改善できる点が特徴とされている。(Internet Watchより)

続きを読む IBMがwebアクセシビリティに新しい取り組み

木村りんごと永田農法に見るウェブアクセシビリティ

農薬や肥料を一切使わずにりんごを育てるという、それまでは考えられなかった方法でりんごの栽培に成功した、青森県は弘前市のりんご農家、木村秋則さんの話は農業関係者だけでなく、テレビを通して多くの人が知るところとなりました。実際青森にいる者としてもこの話は驚きで、以前大学でりんごについての講義(!)を受講した際にも、「りんごは農薬を使って作らざるを得ない」という話を聞いて普通に驚いたことがあります。全国的に青森=りんごのイメージが浸透している中、青森の農家ですら考えもつかなかった方法で更にレベルの高いりんごを作ることに成功した木村さんですが、これと似たケースとして永田農法という農法が挙げられます。 続きを読む 木村りんごと永田農法に見るウェブアクセシビリティ