「IT系トピック」カテゴリーアーカイブ

聴覚障害者の支援アプリ「こえとら」のiPad版が公開

聴覚に障害のある方向けにコミニュケーションを支援する「こえとら」と言うアプリがあります。

これまで長らくiPhone版しかなかったのですが、iPad版のアプリがリリースされたそうです。 続きを読む 聴覚障害者の支援アプリ「こえとら」のiPad版が公開

国税庁のウェブページのURLが全て変更になったり、GoogleのURL短縮サービスが終了したりなど

インターネットのイメージ

新年度早々、インターネットのURL(アドレス)について物議を醸しそうな話題が二つ入ってきました。

一つは国税庁のウェブページURLがリニューアルによりすべて変更になった件。もう一つはGoogleのURL短縮サービスが終了するという件です。

続きを読む 国税庁のウェブページのURLが全て変更になったり、GoogleのURL短縮サービスが終了したりなど

「こんなん紙の方がよっぽどいい!」子どものタブレット学習にみるオンライン学習のトラブル例

タブレットを壊そうとする子供を止める女性
画像はイメージです

インターネットを使った学習システムの利活用が盛んです。

いつでもどこでも、時間を問わず学習ができ、学習の正答率から弱点の対策などができたり、映像で繰り返し説明を聞くことができるなどのメリットがあります。

一方で機械モノならではの弱点もあるなと感じたのが、うちの子供が利用している某学習システムで発生した一件でした。 続きを読む 「こんなん紙の方がよっぽどいい!」子どものタブレット学習にみるオンライン学習のトラブル例

Appleが障害にちなんだ絵文字が今後標準化されるよう提案

絵文字パターン例
(http://time.com/5213561/apple-proposed-accessibility-emoji/より引用)

Apple社が、障害にちなんだ絵文字が今後標準化されるよう、Unicode Consortium (ユニコードの開発を調整する団体)に提案を行なっているそうです。 続きを読む Appleが障害にちなんだ絵文字が今後標準化されるよう提案

聴覚に障害のある人や、発話が難しい人でもSiriを使う方法

Siriにタイプ入力する画面

スマートフォンやタブレットには、話しかけることでアプリなどを使うことができる機能があります。いわゆる秘書機能のアプリケーションです。

主に端末に話しかけて使うことが多いため、逆に言うと発話が正しくできなければ使えないのではと思われてもいます。実際iPhoneのSiriでは、以前までは話しかけなければ使うことができませんでした。 続きを読む 聴覚に障害のある人や、発話が難しい人でもSiriを使う方法