iPadをあらゆる活動に活かしてます

画像:来客にiPadで太鼓の達人をプレイしてもらっているところ事務所にはiPadが4台ありまして、使いながら生活に活かせるアイデアを日々ストックしてます。単純にゲームなど娯楽からビジネスにも使える便利な機能まで幅広く使ってみています。

上の写真は来客(JサポートさんとGrowthさん)の皆さん方に、最近事務所で流行っているiPadアプリ「太鼓の達人」をプレイしてもらっているところです。結構みんなハマって何回もやってしまうんですよね。他にも忍者が野菜を切るゲームなど、若いメンバーが面白いアプリを見つけてきてくれるのでゲームに疎い自分もこの辺の情報を得るのが早く助かってます。この間事務所のみんなで1時間近く太鼓の達人を対戦でプレイし続けました。

ただ遊んでるようにも思われるかもですが、自分にとっては結構大きな収穫です。元々仕事に活かそうとして使い始めたデバイスなだけに、ゲームアプリが持つ魅力や面白さ、可能性に気づきにくかったんですが、色々なゲームアプリをメンバーが教えてくれ一緒にプレイすることで新鮮な驚きや面白さ、活用の仕方などが一気に見えてきてます。この辺りで得た知識はきっちり仕事に活かしていく予定ですし、実際もうメンバーが動いてくれています。

画像:打ち合わせ中にiPadを使っている様子iPadを実際の仕事で活かす時としては打ち合わせの時が多いです。

ちょっとした資料をiPadで見せるのはノートPCより機動性に優れるというか、手元に資料をお渡しする感覚でPCの画面を見せられるような部分が良かったりします。お客さんとの距離感がググっと縮まる感じですね。

うちのディレクターは打ち合わせでサイトの修正をヒアリングする際、サイトのデザイン画をiPadのアプリに読み込ませ、その場で要望や修正内容を入力していきます。

この方法だと後で事務所に戻ってから修正箇所を整理することなく、そのままメンバーに修正内容をメールで送れスピーディーですし、お客さんに画面を見せながら要望を目の前で描いていくことができるので間違いが少なかったりします。

他にもiPadはクラウドサービスを使うのにも相性が良いので、この辺りもかなり活用しています。うちの事務所は仕事や組織運営で結構クラウド系サービスを活用している方だと思いますが、iPadなどのデバイスとクラウドサービスを合わせて使うことでかなり効率的な仕事の体制を取れていると思います。

この辺りについては去年も県の委託を受けてセミナーの講師をさせていただいたこともあります(受講された方々に「習ったこと会社で使ってみてますよ」とちょこちょこ声をかけていただいてます)。今年もそういう機会がちょこちょこ出てきそうなので、ご縁があればセミナー等で色々ご紹介できればと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.