Webマーケティング思考トレーニング【読書レビュー】

今回で3回目のレビューになります、竹花です。

先日行われた「CSS Nite in AOMORI, Vol.6 with Microsoft」にて、あいこジャンケンに勝利し獲得した、高畑哲平さんの著書「Webマーケティング思考トレーニング」を読ませていただきました。

高畑さんは昨年、むつ市で行われたセミナーで講師をされた際に初めてお会いしたのですが、セミナー前の休憩所で気軽に話しかけてくださったのがとても印象に残っています。

さて、突然ですが「Webマーケティング」という言葉を聞くと、どんなイメージを抱くでしょうか?
最近まで私が思っていたのは、アクセス解析結果を元にWebをどう改善していけば良いのか提案していくといったことでした。それはそれでマーケティングに違いはないのでしょうが、Webは万能ではないことを意識した考え方を持たなければならないということを改めて感じさせられる本でした。

まずはWebから離れてみること、制作者が伝えたい事ではなく消費者が得たい情報を即座に見つけられるようにすることなど、どの内容も通常のマーケティング理論のような難しい言葉ではなく、実際の例を元にわかりやすく書かれています。
Web制作会社の方はもちろんですが、Webサイトを持っている企業の方々にも知っておいてもらいたい考え方が多く書かれていますので、是非そういった方々にも読んでいただきたい一冊です。勝手な妄想ですが、制作の見積もりにこの本を入れるというのも良いと思います。

ほとんどの企業がWebサイト”的”なものを所有する時代となりましたが、量が増えた分本当に有益な情報がわかりやすく掲載されているページしか生き残れなくなってくるでしょう。ホームページを作ることの満足ではなく、見る人の満足に重点を置いた制作をしていこうと思います。

最後にセミナーのご紹介ですが、こちらの本の著者である高畑哲平さんと、デザインやコンサルティングを通じてウェブの仕事に携わる活動家である長谷川恭久さんが出演する「今後のWebサイト制作との向き合い方」が2012年5月26日に青森市のワ・ラッセで開催されます。
高畑さんのワークショップもあるとのことなので、お時間のある方は是非ご参加ください!
お申し込み→http://www.aoit.jp/20120526/(あおもりIT活用サポートセンター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。