iPhone11シリーズの超広角モードで撮影する時は手ブレに注意

超広角で撮影した田んぼ

iPhone11シリーズに搭載された超広角モードでの写真撮影が話題になっています。

この機能が搭載されたためか去年の機種より値下げして登場したからか、iPhone11シリーズの売れ行きも好調だそうです。

ちなみに超広角モードで写真を撮影する時に気を付けたいのは手ブレです。

広角で撮影した田んぼ

冒頭1枚目の写真は超広角で撮ったもの。上の2枚目の写真は同じ場所から広角で撮ったものです。

写真を縮小しているのでわかり辛いかもしれませんが、稲穂の細かさに差があります。超広角よりも広角の方がくっきり写っています。ちなみにこの時はいずれも無風でした。

超広角では手ブレ補正が無効になるので、暗い場所で撮影する際にはiPhoneを固定するなどして撮影した方が良いです。

ちなみにナイトモードでの撮影も超広角では有効にならないので気をつけたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください