Gmailをローカルに、便利に保存できる「Gmail Backup」

Gmail

メールは普段Gmailをブラウザで使用しています。

以前はOutlook Express(Win XP時)やWindowsメール(Win Vista時)といった普通のメールソフトを使用していたのですが、Gmailの便利さにすっかりブラウザのみで送受信を行うようになってしまいました。といってもGmailをブラウザのみで使用するもう一つ大きな理由があります。それは「メールが溜まり過ぎるとPCの動作が遅くなる」からです。いつぞやネットで見た情報だったんですが、それを見て当時動きが緩慢になったノートPCのOutlook Expressに溜まっていたメールのバックアップを取ってからガバッと削除してみたところ、確かに動作が目に見えて軽くなったんです。それからというもの、できるだけPCにメールを溜めないようにしたいという需要と、ブラウザでメールを完結できるGmailの供給がガッチリ合わさってから今に至るわけです。

とはいえ、Gmailもたまにアクセスができなくなることがあったりと、まったく不具合が無いわけではないのでそういう時はちょっと不安になります。ましてローカルにメールの情報が無いので、万が一のことが起こった場合を考えるとゾッとしなくもないわけです。そういうニーズを見越してか、Gmailのデータをローカルに保存できるのが「Gmail Backup」です。海外のソフトですが、日本語でも問題なく使えるそうです。操作も簡単で、保存先のフォルダを指定してバックアップボタンを押すだけと非常に便利。ローカルに保存されたメールはeml形式で保存されるため、Outlook Expressなど既存のメールソフトでちゃんと開けるようです。もちろんラベル情報、添付ファイルも合わせて保存されます。

もうひとつ面白い機能としては、既存のアカウントのバックアップを新しいアカウントへインポートする機能もあるようです。メインで使用しているGmailアカウントの容量がいっぱいになってきた人はこの機能を使うことによって、容量を軽減しながらメインのGmailアカウントを使い続けることができそうですね。

PS:先日のプチオフ会参加の方お疲れ様でした。人数5人とこじんまりした按配でゆっくり話ができ良かったと思います。来週はWDHAなので、そちらも是非に~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください