職業人講話をさせていただきました【2013年6月27日】

講話の様子2013年6月27日、JMTC弘前教室様にて職業人講話をさせていただきました。


前回と同じくテーマは「職業とパソコンとインターネット」と「仕事を続ける12の秘訣」と題してお話をさせていただきました。今回は今まで講話をさせていただいた中でもたくさんの方々にお話をさせていただいたのですが、皆さん真剣に拝聴いただき、後の質疑応答でも積極的に手を上げていただいて質問していただきありがたかったです。

夜と霧 新版講話の中でヴィクトール・フランクルの「夜と霧」に出てくる好きな言葉を紹介したところ、受講されていた方の旦那さんが好きで読んでいた本だったという感想もいただきまして、偶然とはいえ嬉しかったです。フランクルの著作としては「それでも人生にイエスと言う」をこれから読むところですが、先に読んだ姉も気に入った一冊のようです。

また、クラウドサービスについていくつかご紹介したところ、セキュリティについてどうなのかという質問をいただきました。これは個人的にとてもよい質問で、クラウド全盛になりつつある昨今にあって特に注視することだと思っていました。事実多くのサイトでホームページが改ざんされたりハッキングされているのを見るにつけ、クラウドを揺るがす脅威があるとすればやはりセキュリティ面だと感じます。

もっとも、あらゆることにおいてリスクがゼロということは皆無に等しい(自動車も事故というリスクを追って皆使用しているわけで)ことを考えると、どこまでリスクを負った上で使うかということを考える必要があると思います。

受講いただいた皆さんからの感想文、とても丁寧にしかも長文で感想を書いて頂き嬉しいです。ありがとうございました。(感想は事情あり掲載を控えさせていただきました)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。