「自助論」完訳版

「自助論」完訳版

サミュエル・スマイルズの世界的名著「自助論」はずっと前に読んで以来、自分の座右の書の一つになりました。

紙版はもちろん、電子版も買っていつでも読めるようにしています。

読書会でも何度か持っていったことがあるのですが、たまたま参加者のお一人で自助論を知っていた方がいて「(読むと気持ちが)高まりますよね」と仰ったのを聞いて「まさにそうなんですよー!」と叫んだこともあります。

先日近所の本屋で棚を眺めていたら、大きくて分厚い本が一冊目に飛び込んできました。

タイトルは「SELF-HELP」とあったので一瞬気づかなかったのですが、すぐ「あー自助論だ」と分かりました。

すでに読んでいる馴染みの本ではあったものの、いちおう手にとって表紙を見ると「完訳版」の文字が。

開いて何ページか飛び飛びに読んでみると、確かに自分が持っている版には書いていない部分があったり、章区切りのタイトルも見たことがないものがあったりしました。

大きさ的にけっこう本棚のスペースを取るのが気になったり、文庫化されるまで待とうかとも思ったのですが、そこはやっぱり座右の書の完訳版。少し考えましたが結局買うことにしました。

ページ数がけっこうあるので少しずつ読み進めていますが、元気をくれる、心の支えになってくれる気がする内容です。おススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください