ヒットのイメージ

日経MJが「2020年上期ヒット商品番付」を発表。東の横綱は「オンライン生活ツール」

2020年6月10日付けの日経MJで「2020年上期ヒット商品番付」が掲載されました。

2020年上期ヒット商品番付 デジタル生活全面に  :日本経済新聞

東の横綱には「オンライン生活ツール」が選ばれました。記事には寸評として以下のように書かれています。

在宅勤務や友人との交流でビデオ会議システムの利用が広がる。パソコン用カメラ、液晶ディスプレーなども好調

ちなみに西の横綱は「任天堂「あつまれどうぶつの森」」。寸評では「無人島での生活を楽しむゲーム。発売12日間で全世界で1177万本を販売し、「スイッチ」向けソフトで過去最高の出足」と紹介されています。

2020年上期(1〜6月)ということで多くは新型コロナウイルスの影響を受けたものが大半。さもありなんという感じですね。以下は東と西の各商品名と、殊勲賞、敢闘賞、流行語賞の一覧です。

  • 東の大関:応援消費
  • 西の大関:おうちごはん
  • 東の関脇:無観客ライブ
  • 西の関脇:テークアウト
  • 東の小結:手渡しなし宅配
  • 西の小結:湖池屋「プライドポテト」
  • 東の前頭:
    • 日本コカ・コーラ「こだわりレモンサワー 檸檬堂」
    • シュクメルリ
    • 花王「キュキュットあとラクミスト」
    • パラサイト 半地下の家族
    • ファイナルファンタジーⅦ リメイク
    • ナイキ厚底ランニングシューズ
    • エルメス「ルージュ・エルメス」
    • 恋はつづくよどこまでも
    • 日本マクドナルド「ごはんバーガー」
    • 令和版ビリーズブートキャンプ
    • キリンビバレッジ「iMUSE水」
    • ボードゲーム
  • 西の前頭:
    • 生鮮ネットスーパー
    • 日本ケンタッキー・フライド・チキン 500円ランチ
    • パナソニック ホームベーカリー「SD-MD X102」
    • ペスト(小説)
    • 手作りマスク
    • ネックゲーター
    • バリカン&ひげトリマー
    • 愛の不時着
    • 愛知ドビー「バーミキュラフライパン」
    • トランポリン遊具
    • ダルゴナコーヒー
    • アマビエ
  • 殊勲賞:手洗い動画
  • 敢闘賞:リモート制作映画
  • 流行語賞:ソーシャルディスタンス

個人的にはボードゲームと小説「ペスト」かなと。ボードゲームは家族でプレイしたのをきっかけに週末Monopolyが定番化しつつあります。「ペスト」は書籍自体は読んでいないのですが、解説本やウイルス関係の本をちょこちょこ読むようになりました。

こうして番付を見ると、生活様式に大きく影響しそうなものが多いですね。2020年下期には、これからの生活様式に合わせた新しい商品がいろいろ登場しそうです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。