バーコードリーダー買ってみました

バーコードリーダー

とある理由からバーコードリーダーを買ってみました。

一般人にはおよそ縁のない代物のひとつだと思いますが、ちょっとやりたいことがあって、いろいろ調べているうちにどうも必要だということになりました。

Amazonで見てみると思っていたより高くはなく3,000円くらいで買えました。

何に使うかは後日改めて紹介できればと思っていますが、バーコードリーダーなくらいなのでやはりバーコードを読み取るのが目的です。

いちおう使ってみたんですが、ピッという音とともにスキャンできて情報を得られるのは新鮮な感じがします。

スマホでもできそうなところ、意外にも面白さを垣間見た気がします。

「バーコードリーダー買ってみました」への2件のフィードバック

  1. 僭越ながら、懐かしさに惹かれましたので、コメントお許しください。バーコードリーダーandエンコードは現役時代に製造現場の製品や製造部品など、基幹業務からデータベースへ落とし、エンコード。社内Lanで各課へ通知。退職後はフリーデータベースで主に容量の大きいQRコードで、収集データの活用をしています。因みにクラウドはやめ、自宅サーバーに変えています。余計な事ですみません。

  2. コメントありがとうございます。バーコードリーダーはいろいろ汎用性があるというか、バーコードという機器自体が身近なものでなかったぶんいろいろ可能性を感じます。
    一方で身近なものにはバーコードが溢れているので、なんとなく面白みがそこかしこにあるような感じがしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください