行政書士・司法書士など書士業サイトのYahoo!カテゴリ登録が値上げの予定

Yahoo!カテゴリへの登録(Yahoo!ビジネスエクスプレス)は数あるSEO対策の中でも有効度が高いと言われています。それ故に現在では法人サイトの新規登録はほぼ全て有料となっており、業種によっては登録費が跳ね上がる傾向にありますが、新たに値上げされる業種がアナウンスされました。

2010年3月2日(火)より、行政書士・司法書士などの書士業に関するサイトについての審査料が、157,500円(税込)、PCサイトとモバイルサイトのセット申し込みは252,000円(税込)となるそうです。

書士業に該当するサイトとしては以下のものが該当するようです。

  • 書士業を行う事務所のサイト
  • 書士業の業務に関する情報サイト
    (サテライトサイト、マッチングサイト、一括見積もりサイトなど)
  • 書士業の業務を紹介するサイト

ちなみに、Yahoo!ビジネスエクスプレスでは登録費が高いサイトは「慎重な審査が必要なサイト」とされており、現在のところ以下のようなサイトが該当するようです。金額については上の審査料と同じです。

  • アダルト、風俗営業に関するサイトに該当する例
    • 18禁のゲームソフト、DVDソフト、書籍
    • アダルトグッズ、過激なセクシーランジェリー
    • 風俗店、ラブホテル、従業員が同席して接待する飲食店
    • スーパーコンパニオン、ピンクコンパニオン

  • 健康食品、健康用品に関するサイトに該当する例
    • いわゆる健康食品、特定保健用食品、サプリメント
    • 健康をうたった食品(水、お茶、米、調味料ではない梅肉エキスなど)
    • ペットや家畜などの動物用サプリメント
    • 健康をうたった衣類、アクセサリー
    • 健康をうたった器具(ゲルマニウム温浴器、ダイエット用品、浄水器など)

  • スキンケア、ヘアケアに関するサイトに該当する例
    • 化粧品として認可が必要となるせっけん(肌用など)
    • 肌に使用する用品、器具(基礎化粧品、アロマオイル、美顔器、家庭用脱毛器など)
    • 美容室、理容室、育毛サロン、ヘッドスパなどの施術
    • シャンプー、トリートメント、発毛促進剤、育毛剤など

  • エステティックサロン、美容外科などの美容を目的とした施術に関するサイトに該当する例
    • エステティックサロン
    • 美容外科、美容皮膚科など、美容を目的とした診療科目が含まれる医療機関

  • 鍼灸、整体、カイロプラクティック、マッサージなどの各種療法に関するサイトに該当する例
    • 鍼灸、整体、カイロプラクティック、マッサージ、指圧、気功、アロマテラピー
    • 岩盤浴、ゲルマニウム温浴などを有する施設

  • 探偵などを含む、個人が対象の調査サービスに関するサイトに該当する例
    • 素行、信用、財産などを内密に調べ、依頼者に報告するサービス

  • 出会いの提供に関するサイトに該当する例
    • 結婚相談所、お見合いパーティ、合コンのセッティング
    • 出会いを目的としたチャット、掲示板

  • ギャンブルに関するサイトに該当する例
    • 競馬、宝くじなどの攻略法、予想ソフト
    • パチンコ、パチスロ店

書士業の営業展開がインターネットにシフト増

Yahoo!ビジネスエクスプレスで「慎重な審査が必要なサイト」に該当するものは、その名の通り厳正な審査が必要なもの(要は不正に絡む危険性がないかどうか)という理由のほかに、そういった類のサイト数が増えてきているという傾向もあると考えられます。

今回の書士業に関するサイトが「慎重な審査が必要なサイト」に該当するようになったことについて、個人的には後者の傾向に注目しています。競合サイトが増えればより効果的なSEO対策を考える必要がでてきます。その中でそれなりの費用はかかるものの、Yahoo!ビジネスエクスプレスへの登録は有効な施策として今後も増えていくでしょう。少しでも登録費用を抑えたい方は、料金改定が適用される3月2日前までに登録されることをお勧めします(下のテキストリンクやバナーからもページへ飛べます)。

Yahoo! カテゴリへの登録を審査。ビジネスエクスプレスとは

リンクの売買はペナルティの対象では?

ひとつ引っかかっているのは、リンクの金銭的な売買は少なくともGoogleは公式にペナルティの対象になるとアナウンスしていますが、Yahoo!ビジネスエクスプレスについては該当しないものなのでしょうかね?もっとも、Yahoo!ディレクトリ自体無料で登録できた時期もあるので一括での取り締まりは難しいのかもしれません。

その外にも、有料での登録であるもののSEOに効果が高いと言われているサイトはあるようです。個人的には「ペナルティについての暗黙の了解」があるように感じています。有料での登録だけれども、そのサイトの特性上、SEOでの評価を与えるべきというサイトがあるというかそんな感じだと思うのですけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。