「簡単だけど誰も教えてくれない77のテクニック 文章力の基本」

 インターン実習中の市前です。 文章力の基本

 「簡単だけど誰も教えてくれない77のテクニック
文章力の基本」のレビューです。
 私の仕事は、取材した内容を発信する仕事なので、少しでもわかりやすい文章を書けるようになりたいと思い、購入しました。

 冒頭にヒントが提示されて、その後に例題となる原文と、改善後の文章が書かれています。原文がどのように改善すれば良いのかを考えながら読めて、楽しいトレーニングでした。77のヒントが各1~3ページの読み切りとなっているので、気楽に読み進めることができます。

 本書を読んだ後に、自分が書いた校正済みの原稿を改めて見返してみると、文章の前半と後半がかみ合っていなかったり、意味のない「こと」を使っていたりしていました。ほかにも、

  • 主役は早く登場させる
  • 読点は意味の切れ目に打つ
  • 話は1つずつすませる
  • などは読み手に負担をかけず、頭を使わせないためのテクニックで、具体例がたくさんあって分かりやすいです。

 文字を削るのは、伝わる情報が減るような気がして勇気が要ります。しかし、第5章の「簡潔に書く」の改善で、言いたいことがより鮮明に浮かび上がり、説得力が増すのは一目瞭然でした。

 文章力で大切なのは、「自分の考えを組み立てる力」次に「相手(読み手)のことを理解する力」最後に「的確な言語表現力」だと書かれています。どれも、ウェブデザインに通じていると感じました。

 文章力の基本が身に付くまで、何度も読み返したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。