平成27年度 青森県特別支援学校 技能検定発表会プレ大会に行ってきました

大会の様子写真4枚

2016年1月22日、青森市の青い森アリーナで開催された「平成27年度 青森県特別支援学校 技能検定発表会プレ大会」に行ってきました。

この大会はその名の通り、青森県内の特別支援学校の生徒さんたちが集まり、様々な技能の検定に出場したり、各学校の展示をするというイベントです。「プレ大会」の名が付いている通り、本大会は来年開催されるそうです。

昨年後半から青森県立青森聾学校の生徒さんたちに、プレゼンテーションの講習を定期的に行ってきたのは、この大会の技能検定に出場するのに備えてのことでした。

講習した三人はいずれもプレゼンテーション部門に出場しました。この日は路面に雪が積もっていたこともあり、三人がプレゼンする時間ぎりぎりになってようやく会場に到着しました。

無事に三人のプレゼンを見ることができましたし、他の学校の生徒さんが行うプレゼンも見ることができました。結果は二人が初級で、一人が中級でした。中級の子は審査員特別賞もいただいていました。

本番の三人のプレゼンは、それぞれ練習してきた成果を出してがんばっていました。一つ心残りがあるとすれば、練習ではずっと紙を見ずに発表してきたのですが、本番は三人とも紙を見ながら発表していたことです。本番は会場も観客も多かったので緊張や不安もありそうしたのだと思いますが、この点を審査員の方からも指摘されていたようでした。

紙を見ながらプレゼンをすると、どうしても目線が聞き手ではなく紙に向かってしまうので、プレゼンの力が半減します。「何のためのプレゼンなのか」「誰に何を伝えたいのか」という基本的なことですが、やはりなんでも基本的なことを問題なく行うことが難しいということを、初々しさも感じながら見ていました。

来年は本大会があるということで、今回までの経験を活かして次も頑張ってほしいと思います。

また、展示では聾学校さんのブースに行って、生徒さんたちに簡単な手話や指文字を教えてもらいました。手話は時間の空いた時に復習したり、気になった言葉の手話を探したりしてやってみたりしていますが、継続的にやっていかないとなかなか身につかないですね。自分も生徒さんたちに負けず頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。