ノートにハイパーリンクを振るテクニックがなかなか使える

ページの端に書いたページ番号

モレスキンのノートを使い始めてから、モレスキンについての本も買ったりして使い方をいろいろ試しています。その中で面白いテクニックを見つけました。

それは、ノートの端にページ番号を振っていくというものです。

本と違ってノートには普通、ページ番号は振られていません。なので手作業になりますが、各ページにページ番号を振る必要があります。

手間はかかりますが、こうすることでアナログなノートに「ハイパーリンク」の機能をもたせることができます。

ハイパーリンクとは、インターネットで各ページ間を繋げるリンクのことですが、それと同じようなことができるようになります。

例えばあるテーマに基づいて調べたことをノートに書いていく場合、時系列の関係やメモする内容が多い場合、メモが1ページにまとまらずバラバラのページに分かれることがあります。

そうした場合にもページ番号を振っていれば、まとめのページを用意しておいてそこに「関係ページ:1・4・14・20…」とページ番号を記入することで、テーマについての集約ページを作ることができます。

アナログなノートにデジタルチックな機能を応用できるページ番号振り、便利なのでおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください