自分へのリマインダーを行う方法あれこれ

Apple Watchに表示したリマインダーの画面

仕事のタスクなど、やるべきことを管理する方法は人それぞれもっていると思います。

自分の場合、全体的な管理はプロジェクト管理ツールを使ったり、メモアプリに書いたりしていて、細々したタスクはGmailやメモで管理しています。

管理やタスクのメモは時間に余裕のある時に整理したり追加するので間違えたり忘れたりすることはほとんどないと思います。

一方で、突発的に発生したり、それをメモしておかないと忘れたりしそうになる場合があったりします。

例えば車で移動中に電話がかかってきて、急なタスクが増えた時や、外で仕事の最中に別の仕事が横槍で入ってくる時などです。

こうした時はその場ですぐ対応するのが難しいケースが多いので、とりあえず「あとで対応するのを忘れないように」何かにメモなどしておく必要があります。

ただ、前述のように移動中や他の仕事をしている最中だと、メモをとるのも難しい場合があります。

そうした緊急時、メモをとるのも難しい時にメモをするか、メモの代わりになることをする必要が出てきます。自分の場合はそうした時のための方法をいくつか取るようにしています。

ひとつは自分宛てにメールを送る方法です。メールの宛先を自分にして、件名にメモの内容をざっくり書いて送っておきます。

メールはタスクの基盤にしているソフトなので見落としが少なく、自分に向いています。

件名にメモを書くのも、キーボードではなく音声入力にすれば素早く書くことができます。

iPhoneであればSiriの音声入力だけで自分宛のメールを送ることもできます。

もう一つは、リマインダーのアプリを使う方法です。

リマインダーはiPhoneには標準で入っているアプリの一つです。実はリマインダーが登場する前から使っている似たようなアプリがあったのであまり使っていないのですが、iPhone標準ということでSiriを使ったリマインダー登録の精度はなかなか良いです。

リマインダーには日時を設定してリマインドする機能があるので、「メモしたい内容を明日の朝に、目覚ましのようにアラームを鳴らして確認できるようにしたい」といった使い方もできます。

冒頭の画像はApple Watchに表示したリマインダーの画面です。前日の移動中にお客さんから連絡のあった頼まれごとを、Siriでリマインダーにメモして次の日の朝に表示させるよう設定していました。Apple Watchを使っていると、iPhoneだけでなくApple Watchでも通知が来るのでより忘れにくくなります。

ちょっとしたテクニックですが、こうした方法を使って漏れなく抜けなくダブりなく、やるべきことを管理することは大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください