Googleマップが去年のタイムラインをまとめてくれた件

メールで届いたGoogleマップのタイムライン情報年明けの1月3日にメールをチェックしたら、Google Mapsから一通来てまして、その内容に色々な意味でちょっと驚きました。

タイトルは「mikiさんの2018年」。

内容は2018年に訪れた場所の数など、この一年でどこにどのくらいの回数行ったかなどのまとめでした。

例えば訪れた場所だと、29カ所8都市。

総移動距離は4,385km。地球一周分でいうと約10%。

最も距離が長かった場所は八戸市。去年は下北や東京にも行ったんですが、それらは含まれませんでした。

他にも注目の場所として近隣のショッピングセンターや図書館などがピックアップされ「たしかによく行ったなー」と振り返りました。

こうしたライフログ的なまとめは面白い一方で、個人的なデータは変わらず外に把握されまくってるんだなーと思いもします。

最近ではFacebookが多くのWebサービス事業者とデータの共有を行なっていたことが発覚して問題になっています。

これらの問題に慣れっこになってしまうと「今さらクレジットカード情報でもない情報が外に出たところで」と思いがちになりますが、改めてデータが波及することへの問題意識を持っておいた方が良いとも思わされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください