本屋さんとの相性

書店のイメージ

週末に家族でショッピングセンターに出かけました。

個人的な週末のルーチンとして、仕事が入ってなければ最低1回は五所川原エルムの本屋さんに行くようにしています。

フロアの広さはそう大きくないですが、置いてある本の回転率が程良かったり、自分の関心に合う系の本がよく置いてあるので、毎週行ってもたいていは興味のある本に出会えるように感じています。

今回出かけた先はエルムではなかったのですが、本屋さんはあったので買い物ついでに立ち寄ってみました。

久しぶりに店内の本を見回ってみましたが、やっぱり馴染みのある本屋さんとは棚の並びも分け方も違うせいか、なかなかこれという本を見つけられず、今回は子供が欲しいといった本だけ買い、自分は買わずお店を出ました。

本屋に置いてある本はお店ごとに少しずつ違っていて、棚の分け方もおすすめ本の置き方も違っています。どれが良い悪いというより、自分がそのお店の棚と相性が合うか合わないかで、実際に本を買うかどうかが変わるように思います。

フロア面積が広い書店であれば相性の低さは本の物量でカバーされる場合もあるかもしれませんが、青森はそんなに大きな本屋は少ないので、やっぱりその本屋と自分の相性次第で本を買う回転数は変わってくるなーと感じます。

そういう意味では本屋さんとの相性もあれば、Amazonとの相性もあるのかも。モノが届く早さでAmazonを利用する時もあれば、Amazonから勧められた本が琴線に触れて買うこともあります。いずれにしても何か縁みたいなものがあって本は買うことになるのかなと思ったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください