青森県ろうあ者大会in黒石市で聴覚障害に関するiPadの活用法を講演しました

講演の様子

2016年9月4日(日)、青森県ろうあ者大会in黒石市で、iPad相談コーナーの展示と、聴覚障害に関するiPadの活用法を講演でお話しました。

講演では「耳代わりに役立つiPadの活用法」と題してお話しました。
こういった障害をテーマにした会での講演というと、障害に即した(あるいは特化した)内容を中心にお話するものかもしれませんが、今回はあまりそういった方向性ではなく、一般の人でも使えそうな、興味をもちそうなことを主に紹介しました。

例えばiPadはインターネットや動画を見たり、地図案内やナビゲーション機能を利用することができるとか。会場の反応が良かったのはApple Pencil(iPad Pro専用のペン)で習字をした場面かもしれません。

また、Apple Watchがどんな風に使えるかや、指紋認証の便利さなどもしょうかいしました。

もちろんコミュニケーションの手段として筆談に便利なアプリや、ビデオ通話(Skype)やテキストでのやり取り(LINE)に使えるものも紹介しました。これらは聴覚障害の方にとっても便利な機能のポイントですが、一般の人も広く使っているものだったりします。

そうした、障害のあるなしに関係なく、誰でも便利に楽しく使えるところがスマートフォンやタブレットにはあると思いますし、そうした使い方を知っておくことで生活に役立てられる、障害を補うという使い方ができる可能性が広がると思います。

当日は会ったことのあるろうあの方々にたくさん会えてとても嬉しかったです。ほとんど拙い手話しかできませんが、またお会いできるのを楽しみにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。