iPadで使えるメモアプリを模索中

Safariでサイトを開きながらノートアプリでメモを撮っている画面

仕事内容にもよりますが、iPad ProとApple Pencilの組み合わせで色々なことができるようになりました。

Apple Pencilというと「お絵描きしない自分には関係ない無用の長物」と思う方もいるかもですが、自分もお絵描きにはほとんど使っていません。

主な用途は紙のノートと同じく、仕事上のメモやTo Doを記しておくことです。

iPadのアプリではApple Pencilに対応したメモアプリがかなり増えました。標準のメモアプリでも悪くはないのですが、もう少し多機能な方が自分は良いので、いくつかのメモアプリを使いながら自分に合うものを探しています。

メインで使っているアプリは「Metamoji Note」ですが、このアプリの難点はSlide OverやSplit View (iPadの画面上に二つのアプリを表示させる機能)に対応していないのが泣き所。これが使えないと、例えばホームページを開きながら同じ画面上でメモを取るといったことができません。

そのためそういった使い方をする場合には、対応したメモアプリを使う必要があります。

上の画像はSafariの右横にSplit Viewでメモアプリを表示させてメモを取っているところです。この時使ったアプリは「Note Always」。手書きに近い筆跡でなかなか気に入っています。

どうせならメモ用途には全部Note Alwaysで良いのではとも思ったのですが、Metamoji Noteにはこれ独自の良いところも色々あり、結局使い分けています。

個人的な感覚としては、Metamoji Noteがもう少し機能改善してくれれば言うことなしかなというところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください