ゲーム好きで かつ本好きな友人が見つかる

本棚

ニンテンドースイッチの「スプラトゥーン2(以下スプラ)」が熱いという話はちょくちょく書いているんですが、そのスプラを一緒にプレイしているフレンドさんで、しかも本好きという人が見つかって喜んでいます。

きっかけはフレンドのOさんが紹介してくれたKさんという方。元々Oさんと一緒によくスプラをプレイしているのですが、話の中でOさんが「自分のフレンドにKさんて人がいて本が好きみたいだから紹介する」と言ってくれました。

Oさんが私に、Kさんの本棚の写真や、アプリに保存している電子書籍のスクリーンショットを送ってくれて見たところ、「罪と罰」や「カラマーゾフの兄弟」など、ロシア文学の本がたくさんでビックリ。他にも興味深い本がたくさんあって、「スプラ好きで本好きな人いた!」と嬉しくなりました。

自分も何枚か自分の本棚の写真を撮って送ったところ、同じような感想だったようで、紹介してくれたOさんとKさん、自分の三人でグループチャットをして本について熱く語りました。

Kさんは本の他にも文具系にも関心が高くて、万年筆やインク、ノートの紙質までたくさん話を聞かせてくれました。

自分もそういう文具関係が好きなので、共通の趣味をたくさんもったフレンドさんができてある意味衝撃的です。

ゲームつながりでこういう交流ができるとは思っていなかったのですが、これをきっかけにまた読書の時間も増やしていきたいと思っています(前々からずっと言ってます)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください