iOS12にモノの長さをARで図れる「計測」アプリが登場

計測アプリで鉛筆の長さを図ったところ

先日新しいiPhoneシリーズが発表されましたが、続いて新しいiOSのバージョン12がリリースされました。

年に一回のメジャーアップデートということで新機能がたくさん公開されました。その中で目を引いたのが、モノの長さをAR(拡張現実)で図ることができる「計測」アプリです。

以前から同じような機能のアプリは一般の開発者がリリースしていて使ったこともあったのですが、OS自体に実装されるのは嬉しいです。

自分のiPhoneにはアプリが(使わないものも含めて)かなり入っているので目視で探すことができず、iPhoneの検索機能から「measure」と入力すると探すことができました。

起動するとカメラの状態になり、iPhoneを動かしてくださいという案内が出てしばらくすると、画面内をタップするマーカーが表示されます。

一回タップしたあと少しカメラを動かして再度タップすると、一回目と二回目にタップしたマーカーの距離が表示されます。

試しに子供の机から巻き尺と鉛筆を取り出し、アプリで鉛筆の長さを図ってみたのが冒頭の写真です。

17センチと表示されていますが分かりにくいので、今度は巻き尺と鉛筆を平行に並べて図ってみたのが下の写真です。

アプリで鉛筆の長さを図った様子

巻き尺が弛んでいるので数ミリ程度ズレているようにも見えますが、ほぼ原寸大の長さをアプリで計測できているのが分かります。

これ以外にも計測するモノから離れてみたりなどいろいろ試してみました。正確に計測するには適切な距離感が必要なようですが、使いようによってはなかなか便利だと思います。

一般に公開されている同じようなアプリの中には、計測方法を選択してから計測するような手順を踏むアプリなど、図る対象や距離感によってより正確に計測する工夫も見られます。

スマートフォンの高機能化で、こうしたAR技術を活用した便利なアプリはこれからもたくさん出てきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください