陸奥新報さんでのリレーエッセイ「日々想」最終回

「日々想」紙面
4月から参加した陸奥新報さんのリレーエッセイ「日々想」での連載は、この9月で最終回となりました。

最終第6回のエッセイは2018年9月16日 (日)の朝刊に掲載されました。

タイトルは「生きがいの効用」ということで、自分の経験から考える生きがいや、これからやってみたいことなどをいくつか書きました。

文中では神谷美恵子さんについてお名前だけ紹介しています。「生きがいについて」という名著を書かれた、私が最も尊敬する人のお一人です。

奇しくも、この最終回が掲載された翌週の日本経済新聞朝刊では、池上彰さんが紙面の連載で『「生きがい」について考える』と題し、神谷さんについて取り上げていました。偶然でも池上さんと同じ人とテーマについて、近い時期に新聞というメディアに書けたことがなんとなく嬉しかったです。

全部で6回の連載は、なんとかネタ切れすることなく書き切ることができました。振り返ってみると「筆が進まなくてどうしようもなかった」ということはなかったかなと思います。

それは校正を担当してくださる陸奥新報の方が、適切な校正をして紙面に載るまでに文章を整えてくださったからに他なりません。木村さん、お世話になりました。半年間ありがとうございました。

(紙面の画像は全て掲載の許可をいただいてアップしています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください