「シニアの方にiPadを教える人財育成講座」第3期終了しました

実習の様子

むつ市で開講してきた「シニアの方にiPadを教える人財育成講座」第3期は昨日無事終了しました。

実習の様子

最終の第5回は、外部からシニアのモデルさんをお迎えして、受講者の皆さんがiPadの使い方を説明する実習の時間でした。

受講者の皆さんは3つのグループに分かれて、それぞれモデルの方1人ずつにiPadの基本操作やアプリの紹介をしていました。

実習の様子

実習の様子を見ていると人気があったのはマップの機能。モデルさんの家をマップのアプリで探してみたり、むつ市から青森市までの移動時間を調べてみたりなど、身近なことに活かせそうな機能をたくさん試していました。

身近なことといえば、今までの実習ではあまり見かけなかったものとして、地域のゴミ出しについてのアプリも紹介するグループがありました。

むつ市の各地区ごとに何曜日にどのゴミが出せるかなどを調べることができるアプリがあり、モデルさんや受講者さん自身の関心を集めていました。

実はこのゴミ出しについてのアプリは、知り合いの弱視の方も使用していて「このアプリすごく役に立つんですよ私たちには」とおっしゃっていたことがあります。音声読み上げにもほぼ対応しているので、とても良いアプリだと以前から思っていました。

実習中はどの組もモデルさんらかの質問や要望に対して、今まで習ったことを活かしてあり、その場で調べたりなど四苦八苦しながらでしたが、とても楽しそうに実習をされていたのが良かったと思います。

あっという間の講座でしたが、受講された皆さんの感想からは「とても楽しく、朝起きたらすぐiPadでYahoo!のニュースを見ていました」「iPadを返却するのが寂しいなので、購入を考えています」など、これからもこうした機器について関心を持っていただけたように思い良かったと思います。

むつ市にはまた交流会などでお邪魔したいと思っています。まずは本当にありがとうございました。お疲れ様でした!

集合写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください