むつ市でiPad交流会

交流会の様子

2018年11月22日、むつ市でiPad交流会を開催しました。

むつ市にはこの前「シニアの方にiPadを教える人財育成講座」で1ヵ月ほど通いましたが、それ以来でした。

交流会の様子

この交流会は、視覚や聴覚に障害のある方やシニアの方にiPadの使い方を教えたりサポートすることに興味のある方ならどなたでも参加していただける会です。

交流会の様子

今回の交流会には、前述のシニア人財育成講座に参加してくれた方々やそのお知り合いの方などが多数参加してくださいました。

交流会の様子

会ではまずiPadのおさらいとして、それぞれ関心のあるアプリを使ってみたりしました。

様子を見ていると、マップの機能はやはり人気があり、任意の場所の周辺をストリートビューで見回してみたり、グーグルアースで始点と終点の距離を計測してみたりなどされていました。

交流会の様子

また青森県各地域のごみ収集についての情報アプリもあり、以前むつでの講座で紹介したことがあったのですが、今回も関心が高かったようです。青森県庁でもこのアプリをお勧めされているそうです。

休憩を挟んで、新しいiPad Proの実機を見てもらったり、これから普及が見込まれるスマートスピーカーの紹介などもしました。

iPad Pro 11インチは他の講座の会場でも同じように紹介しているのですが、その軽さやキーボード兼カバーなどの周辺機器の充実等がかなり高評価です。

スマートスピーカは話して使う手軽さから、ITに詳しくないシニアの方や、視覚に障害のある方でも手軽に使うことができる点が評価されていると思います。

会の最後では、講座を受講してもらった方々にこれからも活動に関わってもらいたい点について希望やご意見などを話していただきました。

印象的だったのは講座の受講者の方から「講座で教わってそれで終わりではダメだと思うので、これからもこうした機会を定期的にもって、交流や操作の経験ができればいいと思います」と言っていただいたことでした。

講師としてiPadの使い方を教えるというハイレベルなところは難しくても、今回の交流会のように講座の受講者さんやその知り合いの方々を交えて、一緒に復習や操作の練習ができれば、継続的に活動に関わってもらったり、サポートの裾野が広がっていくのではと思いました。

交流会の後は何人かで懇親会をすることもでき、楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください