ガラケーにカメラ機能がついた頃

缶コーヒー

昨日お客さんと打ち合わせがあって出かけてきました。

リニューアルしたサイトのこと以外にも、iPadの画面が不自然に大きくなってて(アクセシビリティのズーム機能がオンになってたみたいでした)どうしようもなくなっていたのを元に戻したり、Instagramの投稿方法や加工の仕方なども説明してきました。

上の写真は、インスタで加工するのにテストで撮った一枚です。

見てると、ガラケーにカメラ機能がついた頃をふと思い出しました。

当時は画素数も低くて、友だちの顔を撮影してみて「まあ顔だとは分かるね」くらいの画質だったなーって思っていた記憶があります。

その後動画撮影機能も付いたりして、撮影時間が10数秒だったり、写真に負けず劣らず低画質だったりでしたが、それでも楽しんで使っていました。

数年経ってガラケーの機能も向上すると、ガラケーで撮った写真でも「こんなに綺麗に撮れるの!?」って驚いた覚えもあります。

今のスマホはさらに画質も機能もアップしてますが、昔の頃に比べると目新しさや新鮮さ、インパクトを感じることは少なくなってきました。

慣れもありますが、常に新しい機能や性能の向上を図るのは難しいと思う一方で、また昔のように「この新しい機能はすごい!面白い!」と思うようなものが出てくるのを楽しみにもしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください