テレビ「世界一受けたい授業」に「メモの魔力」前田裕二さんが登場

メモの魔力

「世界一受けたい授業」は、あまりテレビを見ない自分がたまに見る番組の一つです。

世間で話題になっている本の著者が登場する回もあったりして、自分が気になっていた本を書いた人が登場する時はやっぱり見たいと思います。

昨日はたまたまテレビをつけていると番組が始まっていて、特別授業として「メモの魔力」の著者、前田裕二さんが登場していました。

「メモの魔力」は発売前からSNSなどでプロモーションを目にしていて気になっていたので、電子版で買っていました。

放送ではメモの大切さはもちろん、メモを取る習慣をつけるために「お気に入りのメモ帳を買う」などが紹介されていました。

この「メモを取りたくなる、お気に入りのモノを買う」というのはとても良くわかります。

自分も文具関係はそこそこ好きなので(読書会のスピンオフで文具の会をやったこともあります)、自分が好きなものを用意して、書くこと自体が楽しいと思えるようにしています。

番組では前田さんのお気に入りのノートとしてモレスキンが紹介されていました。自分もモレスキンを使っていますが、前田さんのは自分のより少し大きめのタイプでした。

自分もモレスキンを使う前は、今のより大きめ、A6サイズのルーズリーフを長く使っていましたが、大きめのメモにはiPad Proが重宝するようになったので、最近は小さいノートで事足りるようになりました。

ただ、ノートだけでなく書く道具も自分が気に入ったものにしたいと思い、ペン関係もいろいろ自分が好きなものを用意しました。

メモを取ることの大切さはもちろん、メモを取りたくなる下準備もやっぱり大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください