スマートスピーカーはキッズたちに大人気

Amazon-Echo-Plus

昨日まで自宅の庭先と自宅で、近所の子供たちを迎えていろいろやってた話の余談です。

自宅の居間では主に子供たちがGW中の宿題をやったり、ご飯作りの準備をするために開放していました。

居間にはスマートスピーカーのAmazonエコープラスを目立つところに置いているのですが、これが子供たちは気に入ったようで盛んに声をかけていろいろな機能を試していました。

「タイマー10分かけて」「今何時?」といったよく使うタイマー系や、「〇〇(アーティスト)の音楽かけて」「〇〇(曲名)かけて」のような音楽系などを試していることが多かったようです。

中には「ここから東京まで何キロ?」といった、エコープラスが答えられないような質問もあったりしましたが、音楽の曲名を聞いていると、ふだんどんな音楽を家でよく聞くのかとかが垣間見れたりして、ちょっとしたビッグデータ解析気分になったりもしながら見ていました。

大勢が話し込んでいる中でエコープラスに呼びかけてもうまく認識できなかったり「タイマー2分かけて」と話しかけたはずが5分になっていたり、タイマーの設定がうまくいかなかっったようで何度か繰り返すうち、アラームが3つ溜まったりとか、スマートスピーカーならではのつまづきも見られたりもして、やっぱりユーザーが実際に使っているところを客観的に見るのはタメになるし面白いなーと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください