わずか1度の傾きでもスマホは擦り落ちていく

水平器を起動中のiPhoneiPhoneを本の上に置いてしばらく経つと勝手に本から擦り落ちてしまい、ヒヤッとすることがたまにあります(高いところから床に落としたことも何度か…)。

一見安定していて傾きもない。試しに置いてみてもとくに動かないので大丈夫だと思って本でも読んでいていると、いつの間にか落下してしまうこの現象。あるあるという人もいるのではと思います。

今朝も懲りずにやってしまい、机上の本の上に置いたiPhoneを床に落としてしまいました。

「絶対に大丈夫だと思ってたのに」と思いつつ、本の上はやっぱり平行じゃなくてわずかに傾いてるのかと改めて考え調べてみることに。

使ったのはiPhoneのアプリ「計測」。このアプリはカメラから実物の寸法を計測することができる機能のほかに、水平器の機能もついています(古い機種・OSでは「コンパス」のアプリにありました)。

水平器を起動して本の上に置いてみたのが上の写真。-1度とほんのわずかですが傾いていました。

ちなみに自分はふだんiPhoneを机や本の上に置く時、画面を下にして置くことが多いです。カバーをつけていない本体のレンズを下向きに置くことになんとなく抵抗がありそのようにしています。

それもあってなおさらわずかな傾きでも少しずつ滑ってしまうのかもしれません。

滑りにくい材質のカバーをつけている方であればこういったことはあまりないかもしれませんね。それならカバーつけろという感じもしますが、なんとなくカバーなしで使うのが好きなのでこれからも置く場所に気をつけながら使っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください