青森県ICTリテラシー研修でiPadの操作について講師をさせていただきました

画像:研修の様子

2011年1月18日(金)、青森県ICTリテラシー研修(2回目)の講師をさせていただきました。今回も前回の研修に引き続き黒石市の須藤さんと一緒に講師を務めさせていただきました。今回は「基礎の基礎。iPad入門講座」と題して、介護に従事される方々を対象にiPadについての概要や基本的な操作方法などについての研修をさせていただきました。

画像:広州州の須藤さんiPadの説明ということで、三脚にipadを固定してそれをスクリーンに映し出すというセッティングで行いました。私と須藤さん二人のiPadをそれぞれセッティングしてみましたが、ipadの画面に貼っているシートの性質によってスクリーンの写り方も変わるんですねとその時気付きました。

講習は前半に須藤さんがiPadの概要やPCとの同期の仕方、Apple IDについてなど概要を説明してくださいました。私は後半にiPadの操作方法として、タップやアイコンの移動の仕方、画面内の説明などをさせていただきました。

後日戴いたアンケートでは前回に引き続いて概ね良い評価をいただけてホッとしました。是非研修でやった内容を活かして日々の業務や施設の利用者様とのコミュニケーション手段などにiPadを使っていただければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください