iBooksでApple Pencilを使い書き込みをするのは今のところお薦めしない

iPad ProとApple Pencil

iPad ProとApple Pencilを仕事道具として使っていることは前にもこのブログで書いたことがあります。

 パソコンと全く同じ仕事ができるわけではないですが、 iPad と Apple pencil ならではの仕事もできるのでとても重宝しています。

とはいえ万能というわけでもなくて、不便を感じたり、「まさかこういうことになるとは…」というようなこともたまにあります。今回はそのあまり望ましくない例の一つを挙げてみます。

とある仕事で紙のシートに調査内容記入していくというものがありました。その時は流れの都合上、紙に記入するよりも紙の資料を iPad に読み込んで Apple Pencil で記入していくのが良いと思いそうしました。

あらかじめ PDF を iBooks に入れておいて、調査の時に各項目に記入したりチェック入れていきました。最初は順調で、 Apple Pencil で書いたものは消すことも容易なため相変わらず便利な道具だなと思いながら進めていました。

ところが、記入しながらふとおかしなことに気づきました。シートを記入し終わってまた次のシートに記入をしたところ、なぜか前に記入したシートの内容がごっそり消えていました。なぜ消えてしまったのか分からず、かといって記入した内容の復元もできないので、自分の記憶を頼りに記入し直したり、 調査の時に撮影していた動画を見直したりなどして何とか記入したりなどしていました。

まさかこういう事が起きるとは思ってもいなかったので、懲りずに同じことを何度か繰り返してしまいました。相手は消え消えては書くということを繰り返して、今思い直せばかなり非効率的なことをやっていたなと少し反省もしました。

要は PDF に記入したデータとクラウドの同期がうまく取れていないなどの理由なのかもしれませんが、はっきりした原因は今でも分かっていません。

別の日に試した時も、資料に記入をした後半分だけが消えて残り半分が残っていたなどということもありました。正直ここまで使えないとは思ってもいなかったのですが、アプリが原因なのか私の使い方が原因なのかはまだ分からないです。

ひょっとしたら他のアプリだとうまく同期をとってくれるかもしれないので、そういったものも試してみたいと思っています。

思えばiBooksは少し癖があるアプリというか、ずっと前に電子書籍アプリとして使おうと思った時に、電子書籍の音声読み上げができるかなと試したことがあったのですが、その時も結局うまく読み上げができず、 AmazonのKindleをおすすめするようになりました。

一応 Apple 公式のアプリということもあるので、使いどころを見つけて活用したいとは思ってはいます。ただ、今回のような問題もあるので色々試しながら良い使い方を模索していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。