お風呂で本が読めるようになった電子書籍リーダー「Kindle oasis」

Kindle oasis

iPadの人財育成講座など、夕方から夜にかけての仕事がある日は深夜の帰宅になる時があります。

基本的にお風呂は長風呂派ではなくサッと入ってサッと上がる派なので、これまでお風呂で本を読んだりということを考えたりしたことはありませんでした。

しかしよくよく身の回りを見返してみると、IT機器にも防水対応されたものが増えたということに気づきました。

一つはiPhone。7から防水対応になったので、今使っているiPhone Xも防水対応です。なので夜帰ってきた時は湯船に浸かりながらiPhoneで動画や映画を見ることができることに気づき、たまに使ってはリラックスの時間にしています。

そしてもう一つ防水対応なのがAmazonの電子書籍リーダー「Kindle oasis(キンドル オアシス)」。Kindleシリーズはいくつか買って使っているのですが、oasisで初の防水機能が付きました。

最初は「風呂で読書する派じゃないので要らない機能かな」と思っていたのですが、試しに使ってみるとなかなかこれも良いもので。

湯船で読書という習慣に慣れていないので、お湯の温度調整が課題(熱いとリラックスするのが難しくて読書に集中できません)ですが、この辺うまくやれれば新しいリラックス時間を作れるかなと思ったりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください