陸奥新報に『「いき」の”SNS”構造』を寄稿しました

陸奥新報「日々想」紙面

先月の話になりますが、2018年7月22日(日)の陸奥新報朝刊、リレーエッセイ「日々想」に、寄稿したエッセイが掲載されました。

実はこの件、ずっと前に投稿するはずが下書きのまま保存していて、公開するのをすっかり忘れていました。

今回のタイトルは『「いき」の”SNS”構造』。

本を読む人であればタイトルを見て「九鬼周造の『「いき」の構造』をもじったものと気づかれるかもしれません。

組織での人間関係だけでなく、最近はSNSでも人間関係複雑になり、それが元で悩んだりトラブルになる場合があります。

そのことについて以前から九鬼修造が考える「いき」の概念が役に立つと思っていたので、SNSでの人間関係における距離感の取り方を、「いき」における3つの契機を元に書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください