電子書籍の作成・販売サイト「パブー」が終了

パブー電子書籍を作成・販売できるサイトの「パブー」が、2019年9月30日にサービスを終了するそうです。

ヤフーニュースでサービス終了(閉店)を知るまですっかり忘れていたのですが、昔はよく見ていたサイトでした。

電子書籍黎明期の頃に「電子書籍を作って公開したり、販売することもできる」というサービス内容が、本を書いてみたりライターに興味のあるユーザーにとって、とても魅力的に見えていたと思います。

私が知っている著名なWebクリエイターの人もパブーで書籍をリリースしていたこともあっただけに、久しく忘れていたとはいえ終了するのは寂しさを感じます。

一方で、確かにここ数年はまったくその存在を忘れていました。

電子書籍といえば自分はAmazonのKindleを利用しますし、Kindleでも電子書籍を作って販売することもできます。

電子書籍市場ではおそらく圧倒的なシェアをもっていると思われるKindleとの差別化を図れなかったことが要因なのかもしれません。

昔好きだったサービスが終了してしまうのは残念ですが、そのコンセプトはとても好きでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください