iPhoneのバッテリーを長持ちさせる機能「低電力モード」

低電力モードの画面

iPhoneは年々バッテリーの持ちはもちろん、充電するスピードも速くなるなど進化しているように感じます。

とはいえ使っていればバッテリーは減りますし、使い方によっては短時間でかなりの量を消費してしまうこともあります。

モバイルバッテリーを持ち歩いていれば有事の際にも安心ですが、いつも手元にあるとも限りません。

そんな時便利なのが、バッテリーを節約する「低電力モード」です。

詳しくはAppleの低電力モードについてのページに書いてありますが、この機能を有効にすることで以下の機能に制限もしくは影響があるそうです。

  • メールの取得
  • “Hey Siri”
  • App のバックグラウンド更新
  • 自動ダウンロード
  • 一部のビジュアルエフェクト
  • 自動ロック (デフォルトは 30 秒後)
  • iCloud 写真 (一時的に停止)

個人的にはあまり重要な機能には影響なさそうなので、わりと日常的に低電力モードにしておいても良いかなと思ったりもします。

低電力モードは「設定」アプリの「バッテリー」から切り替えられますが、コントロールセンターに配置しておくと切り替えがしやすくなるのでおススメです。

ちなみにiPadには低電力モードはないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください