ハズレも多い?Kindle読み放題サービス対象本

Kindle Unlimited

Amazonの電子書籍が読み放題のプラン「Kindle Unlimited」。

月額980円で利用できるこのサービスはスタート当初から使っていて、たまに「これが読み放題対象でいいの?」という掘り出し物も出てくることがあります。

当初の頃より読み放題プランで読める本の量が増えたことも良い点なのですが、その弊害もちらほら見受けられるような気がしていました。

というのも、ちょこちょこハズレ本にあたることが増えてきた感じがします。

元々Kindleは個人でも出版が可能なので、出版社を通さず個人が作成して公開・販売することもできるサービスです。

電子書籍とはいえ個人でも夢の出版ができる素敵さの一方、こうした個人リリースの本の中には、編集者による校閲が入ってないので、文章や言葉遣いに一貫性がなかったり、文法も変で読みにくいことも多いと感じることがあります。

参考文献の記載も足りなかったり、使用されている統計なども「著作権的にこれこのまま載せていいの?」と思ったりしてしまうものもあったりします。

読み放題対象のうちなので特に金銭的な損はしていないんですが、きちんと出版されている本に慣れているとたまに感じる違和感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください