タブレットの反応が悪い原因は画面の汚れ?

iPad Proと布

最近iPad Proの反応がよくないことが多くて気になってました。

指で操作している時に反応しなかったり、何度か試してやっと反応したりなどすることが多く、ちょっとしたストレスを感じていました。

今までいろんな世代のiPadを使ってきましたが、こういうことはほとんどなかったので機器の不具合か何かかな?と思ったりしつつ使っていました。

しかし反応しないことがたびたび起こるようになってきたので「これは何か明確な原因があるのかも」と思いググってみたりしました。

探してみると同じようにタブレットの反応が悪くなった人はたくさんいるようで、対処法としては

  • 端末を再起動する
  • バックグラウンドで稼働しているアプリを終了する
  • 液晶に貼っているシートを替えるか剥がす

などが挙げられていることが多いようでした。

今使っているiPad Proにはシートを貼っていませんし、再起動やアプリの終了も試したり、メモリ解放アプリでメモリを整理してみたりもしたのですが、一時的に効果は感じられるものの、そのうちまた反応が悪くなることが続きました。

そんな時、ふと液晶の写りがよくないと感じたので、PCモニター用の布でiPadの液晶を綺麗に拭いてみました。

すると、今まで頻発していた鈍い反応がなくなってとても快適になりました。

これまでもたまに布で液晶を拭いたりしてはいたのですが、そういえば最近はあまりしてなかったなーと思ったり。

液晶を拭く前と拭いたあとでは、なんとなく手触り感も違います。拭く前に比べて気持ちヌルヌル感がなくなったというか、言ってしまえば手脂がなくなったような感じがしなくもないという(生々しい)。

液晶を拭いたおかげか、今のところ反応が鈍くなることはなく快適に使えるようになりました。

機器の不具合を疑うのもありですが、意外とアナログなところが関係していることがあるかもしれません。同じような症状の方がいたらお試しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください