「人生を助けられた」アニメ界の惨事

最近になって本や周囲の人の影響もあり、アニメを見ることが多くなりました。

アニメの中には小説やマンガが原作のものもあり、それらとは構成や演出が異なる場合もありますが、限られた回数や時間の中でとてもわかりやすく魅力的に作られるアニメが多いことにいつも感心しながら見ていました。

昨日の京都アニメーションで起きた痛ましい放火事件は、日本のアニメ界にとって本当に大きな損失だと思います。

今回の事件は海外でも注目されており、クラウドファンディングによる支援も始まっているようです。

SNSでは「人生を助けられた。今度は俺たちが京アニを助ける番だ」と、京都アニメーションの作品購入などを呼びかける投稿もあるようです。

思えば自分もアニメやその原作に登場するワンシーンに助けられたり、心動かされたことがたくさんあります。

いろいろな形があると思いますが、支援につながることを何かしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください