聴覚障害や言語障害があっても通報できる。スマホの画面操作で110番できるシステムを警察庁が9月中旬から導入

スマホで文字入力するイメージ

110番というと「電話で通報」とイメージする方が多いと思います。

一方で聴覚に障害のある方や言語障害のある方などにとって、電話で通話することが難しいという場合もあります。

そんな課題に対して警察庁は9月中旬に、スマホでの画面操作から110番できる専用アプリを公開するそうです。

スマホ画面操作で110番=専用アプリ導入-警察庁:時事ドットコム

画面では通報に必要な選択肢を選んだり、チャット形式でやり取りができるようになるそうです。またGPS機能を使って通報場所も知らせることができるなどスマホならではの機能も活用される見込みだそうです。

こうした聴覚障害のある方や言語障害のある方向けに活用できるアプリやサービスは少しずつ増えています。電話お願い手帳みえる電話といった便利なサービスが登場することで、スマホやタブレットなどの活用方法が広がっていくことは嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください