Apple Watchのリマインダー

Apple Watchのリマインダーアプリ 使い方次第で超便利

「便利だろうけどあまり使ったことない」アプリの代表格、リマインダー。

人によっては活用されてるかもですが、個人的にTo Doの管理にはノートアプリやStreaksなどの鉄板アプリを使っているので、iPhoneやiPad、Macに標準で搭載されているリマインダーアプリを使う機会が少なかったのが正直なところ。

それが最近、このリマインダーアプリをよく使うようになりました。実際かなり重宝しています。メモがてらリマインダーアプリを使うメリットを挙げてみようと思います。

デバイス間で共有できる

リマインダーアプリはiPhoneやiPadだけでなく、MacやApple Watchなどでも利用できます。そしてリマインダーに登録したタスクは、iCloudを通じてすべての機器で共有されます。

たとえば仕事中にMacで登録したタスクを、外出先でiPhoneやApple Watchで確認したり消化したりすることができます。

この時、Apple Watchでもリマインダーを管理できるのがミソ。iPhoneやiPadを取り出すまでもなく、手首のApple Watchで素早く操作できるのが便利です。

Apple Watchではリマインダーへの登録が素早く行える

たとえば運転中にふとやるべきことを思い出したり、仕事が混み合っている中で素早くTo Doを登録したい時など。急いでいる中でゆったりiPhoneやiPadを使ってリマインダーを開く余裕がない時には、Apple Watchでリマインダーへ登録できるのがとても便利です。

Apple Watchだと画面が小さいのでキーボード入力はできません。その代わりSiriを使った音声入力で素早く文字を入力できます。「その代わり」と言いましたが、この音声入力こそApple Watchでリマインダーを使用する上での最重要ポイントです。

Apple Watchも他の機器と同様Siriが使えます。Apple WatchでSiriに「リマインダーを登録」と呼びかけ、そのあと登録しておきたいタスクを喋ればそのままリマインダーに登録できます。多少の誤字脱字はあっても内容がわかれば良いですし、あとでiPhoneやiPadで正確に修正してもいい。とにかくこのスピード感が仕事をする上でとても助かります。

日にちや時間の設定が可能

「この日のこの時間に行う必要があるタスク」もリマインダーに登録できます。設定した時刻になればApple Watchが振動して教えてくれます。こうした詳細なタイミングでの実行が必要なタスクも設定できるのが便利。

リスト管理や他社との共有など 便利機能がたくさん

リマインダーアプリは近年機能がアップデートされ、タスクをリスト(カテゴリー)で分けて管理できたり、他の人とタスクを共有できる機能もあります。

上で紹介したように、ただのリマインダーアプリでもApple Watchを使うことで、その利便性は飛躍的に高まった気がします。オススメです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。