「Yahoo!トラベル」が宿泊成約料を無料に

先日Yahoo!ショッピングが出店料を無料にしたサプライズに続き、今度はYahoo!トラベルが出店しているホテルなどに対する宿泊成約料を無料にすると発表しました。

ヤフー、宿泊成約料無料に 客にはポイント付与  :日本経済新聞


日本の旅行ポータルサイトとしては、じゃらんや楽天トラベルの二強が抜きん出ており、今回のYahoo!トラベルが打ち出した宿泊成約料の無料化は現状打破への戦略として出てきたようです。主にはユーザー数の増加を狙っていると考えられます。

元々Yahoo!トラベルと、じゃらん・楽天トラベルの二強はそもそものビジネスモデルが違います。Yahoo!トラベルは広告収入タイプなのに対して、じゃらん・楽天トラベルは出店しているホテルや旅館が、ポータルサイト経由で成約があった場合におよそ1割を成約料として得る成果報酬タイプです。

ただしじゃらん・楽天トラベルに出店している宿泊施設からはこの1割の成約料がなかなかに負担だそうで、私自身Webの仕事に関わる中で、この問題に対する悩みをたびたび耳にしていました。

Yahoo!ショッピングの出店料無料化は、楽天などの競合他社と同じビジネスモデル(手数料モデル)だったものを広告収入タイプに変更するという大胆な方針転換だったのに対し、今回は元々のビジネスモデルが異なるためインパクトとしては先のYahoo!ショッピングほどではないかなと思います。そもそもYahoo!ショッピングのビジネスモデル転換も、海外の大手同業(アリババ集団など)ではすでに試みられている戦略でもあり、全くの新規性があるわけではありませんが、大きな戦略の変更であることに変わりはないと思います。

また、この大胆な変革を次々に繰り出せるスピードと柔軟性に、かつて「Web1.0の覇者」と皮肉られたYahoo!のイノベーションに対する昨今の積極的な姿勢が垣間見えると思います。これについては「爆速経営 新生ヤフーの500日」に詳しいです。読みましたが個人的にとても内容の良いものでお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。