久しぶりのマニュアル運転

マニュアル車のシフトレバー

長年乗っていた車を換えました。

新しい車の変更手続きも済み、これまで乗っていたトヨタのシエンタを廃車手続きに出してきました。

廃車手続きをするために車屋さんへ持っていく時のこと。シエンタは親戚の方が乗ってくれたので、私はその親戚の方が乗ってきた軽トラックを運転することになりました。

エンジンをかけようと気を回したのですがかからず、故障かな?と思ったんですが、よくよく聞くとクラッチを踏まないとエンジンがかからない仕様と言うことにビックリ。

もともと運転免許はマニアル車対応の免許思っていますが、マニアル車を運転するのは10年ぶりくらい。ちょっと不安でしたが、クラッチを踏みつつシフトレバーでギアを上げながら、少しずつ進めて何とか工場まで乗って行くことができました。

思ったよりも普通に乗りこなすことができて自分でも少し驚きましたが、マニュアルの感覚は久しぶりでとても新鮮でした。たまには面白くていいなとも思いつつ、オートマ車の楽さに慣れるとやはり戻れないなーとも感じました。

「久しぶりのマニュアル運転」への2件のフィードバック

  1. 高森さん こんばんわ。車買ったんですね。
    私も車 運転してた時はマニュアルで、雪道が苦手で
    オずっとマニュアルしか乗れないと思ってました。が 今はほとんどオートマですものね~
    久しぶりのマニュアルでも 体が覚えてたんですね。

  2. 澁谷さん、コメントありがとうございます。
    自分でも意外に運転できてびっくりしたというか、まだマニュアル車の運転感覚が残ってたんだな〜と思いました。
    近い将来、車も自動運転技術が一般的になればたくさんの人が車を活用できる時代になりそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください